薬剤性ED勃起障害

薬剤性EDとは、普段から服用している薬の副作用が原因で起こる事です。

そのような薬はいくつか種類があり、素人では判断しにくいものです。
何故かというと、日本ではEDは直接命に関わる病気ではない事から、薬の説明書に副作用として記載される事が少ないからです。
その為、他の原因であると誤解されるケースが非常に多くあります。

潜在的な薬剤性EDは実はかなり多く、原因の25%にもなるとも言われています。

原因となりうる薬は3つに分けられます。

【性欲を低下させる薬】

中枢神経に作用し、性欲を低下させ、その結果勃起を抑制します。

男性ホルモン関連薬、プロラクチン関連薬、ドーパミン作動神経活性抑制やセロトニン作動神経活性促進に関係する薬などになります。

【勃起障害を引き起こす薬】

副交感神経の働きを阻害して、勃起を抑制します。

抗コリン作動神経に関係する薬、交感神経に関係する薬、プロスタグランディンに関係する薬などになります。

【射精障害を引き起こす薬】

交感神経の働きを阻害します。

高血圧治療薬、抗精神病薬、胃腸運動促進薬などになります。

性欲を低下させる薬で触れたように、薬剤性EDを引き起こす薬として、特にうつ病の薬はEDの副作用が多いものが多く、抗うつ剤の効果によってセロトニンが多くなってしまう事で、勃起機能が抑えられてしまう事があります。

ただし、うつ病の方は、性欲もなくなる場合も多いです。
その為、そのEDが、うつ病からきているのか、それとも薬の副作用からきているのか、判断するのは難しいとされています。

薬剤の副作用だけが問題の場合は、薬の服用をやめるか副作用の少ない薬に変更すれば症状は改善されます。

ただし個人差があるので、回復に時間がかかる場合もあります。
服用をやめる場合は、突然やめては命に関わる場合もあるので、必ず医師に相談して下さい。

薬をやめたり変更しても改善が見られない場合は、ED治療薬の服用も考えます。
現在服用している薬と併用出来る事もありますが、併用禁止薬もあるので、その時も必ず医師に相談するようにして下さい。

また、副作用のある薬を服用しているからと言って、必ずEDになるわけではありません。
心因性や器質性など、他の原因によって発症している可能性もあります。
その場合はまた別の方法を考える必要があります。

いずれにしても自己判断すると危険ですので、必ず医師に相談し、検討するようにしましょう。

About the author

タダポックス

View all posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です