ED勃起不全症状及びその改善

ED勃起不全は世代別で大体下記の三種類に分けています。それぞれの症状と特徴を紹介します。

・20代の若者
20代の若者はほぼ緊張で上手く勃起しない例が多いです。セックスの経験が少ないため、緊張で勃起できないや、勃起しても持続時間が少ないや、また自分の意思通り上手にコントロールできない状態が多いです。この年代に圧倒的に多いのは精神的なストレスなど心因的な原因によるEDです。経験不足、また緊張でうまくコントロールできない症状は一時的ですから、緊張緩和に従って症状がなくなります。

・30代の男性
30代から中折れの悩みが増えてきます。30代の男性はほぼセックス経験の増えることに伴って自分の意思のコントロールすることが良くなりますが、セックス中に中折れや硬さが足りないや、また勃起しても挿入できない状態が多いです。こんな状態は多分仕事のストレスや、運動不足で、普段の食事に脂肪が富む物が摂取しすぎるに原因があるかもしれません。改善方法としては時間があれば有給をとってゆっくりと自分をリラックスするのが良いでしょう。

・40代から50代までは中折れがほぼ大半を占めています。
40代以上の男性は彼に伴って早かれ遅かれED勃起不全の症状出てくるのが当然でしょう。しかしこれが避けられないことです。こういうED勃起不全症状が出てくるときはまず病院に行ってみたほうがいいです。病院に診てから先生から改善や治療の意見をもらってから処置をとるのが大切です。50代からの年代は圧倒的に加齢によるものが多いです。また、ここから多く出始めてくるのが、器質性ED。生活習慣病等何らかの病気により血管の働きが阻害されている状態が原因となるものです。

About the author

タダポックス

View all posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です